*

学生さんへ 留年について(京都大学)

公開日: : et cetera

学生さんへ 留年について(京都大学)
https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp/counsel/ryunen.html
 より

リンク先には記載がありませんが、
昨年(2015年11月)にアップされた文章だそうです。(朝日新聞情報による)

~~~~~~~~~

続けるという選択を支えている根拠の大きな部分が、
やめられないという理由にあるのなら、
一度、やめるという選択肢を落ち着いて現実的に考えてみてはどうでしょうか。

大学をやめてできることを考えてみましょう。
胸の奥やお腹の底から聞こえてくる心の声にじっくり耳を傾けてみましょう。

(リンク先より引用。改行を挿入)

~~~~~~~~~

大学で学ぶ、ということだけではなくすべての場面で、
人は、「やめる」という選択肢を最初は外したがります。
そして、次第に逆に「やめる」という選択肢しか見えなくなります。

それは、まったく自由ではありません。

「やめる」という選択肢を考えるのは、
心に自由を与えるためです。

自分にタブーを作ってしまえば、
タブーにしか目に入らなくなるのは当然ですし、
そういうものは潜在意識に刷り込まれます。

『心を自由に』

それが願いです。

その上で、あなた自身、あなたにとって自分の人生です。
どんな選択をしても失敗はありませんし、
「間違えた」と思ったら、そこからスタートしたらいいんです。

他人だから言えることですが、
「心にタブーを抱えた気がかりの状態」
でジャンプしても高く、きれいには跳べません。

「留年」なんて大したことではありません。お金はかかりますが。

この場所で何を学ぶか?

です。「何を教えてもらうか?」ではありません。

学校は、

「知識を得る」
「トレーニングする」
「それを自分が必要としていることとつなげる」
「自分の中に答えを発見する」を促す

ところです。
自分で設計して、
自分が必要としていることを得ていくところです。

だからこそ、
「自分の望むものが得られない」
と思ったら、やめることを選択肢にしてもいいのです。

ただし、このことは知っておいてください。
僕の体験ですが、
数学の好き嫌い、得意・不得意にかかわらず、
「計算をできる、できないは関係なく、考え方を身につけられたのが大事」
と思っています。

僕にとっては、数学もそうだし、大学時代の物理学も同じです。
(物理の知識を聞かれてもそんなの覚えちゃいないが、
 考え方の外しちゃいけない視点・ポイントは大いに役立っています)

「科学的な考え方」かな。
それは、
「論理の飛躍をしないこと」
「事実と考えを区別すること」
「エセ科学が、ごまかしているところを察知すること」
ということなので、「科学」だけではありません。

長いようで短い、人間の人生です。
「何を学んで」
「何を自分の人生に生かしていくか」
「できたら、それで誰かに貢献できたらいい」
こんなことを考えて、
「やめる」
も選択肢に入れたうえで、自分に問いかけてください。

コーチングの案内

 個人セッション(全1回~)、体験セッション(有料)、無料オリエンテーションは、
  ・個人セッション
     全1回~、1コマ30分、12,000円+消費税、
     コマ数の上限はありません。
     対面の場合は、+出張料として5,000円+消費税
  ・体験セッション(1回目の最初の30分間分を無料とします)
  ・無料オリエンテーション(すべての質問にお応えします。)
 ご相談、お問合せください。

 ご連絡フォームまたはFAX(020-4663-0649)・・・・24時間受付
 直通電話・・・・平日の11~19時受付(祝祭日を除く)
    ※070-5346-1730:Willcomが、新たに使えます。
     090-6660-6532:Softbankは、着信専用です。
    セッションや研修時はOFFにしています。

 以上のほか、研修のご相談もお受けいたします。
 ご意見などございましたら、お教えください。

 詳しくは、サービス一覧をご覧ください。


関連記事

Flower-August

本当に食べたいものは・・・・

> 家庭の味はこれというのがありません。それがいちばん難しいですね。 > ホスピスの調理師  (

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

没頭できる音環境をつくる

 朝日新聞の文化面に津村記久子さんの文章がありました。    『環境音の暗示     朝

記事を読む

The Voice / andymorffew

声を響かせられない

The Voice / andymorffew[/caption] 昨日から、1年ぶりに声が

記事を読む

Flower-July

「あの人、知らないうちに見かけなくなったなあ」

> 「あの俳優、知らないうちに見かけなくなったなあ」と言われるような消え方をしたい。 > 岸部一徳

記事を読む

Flower-August

お盆を過ぎて

今日は試みに、この温度の中で過ごしてみる。 文句なしに暑い。 お盆に実家で過ごした疲れか、

記事を読む

Old & new foundations under Central Station Amsterdam, photo 2012 / city-amsterdam

ダメ出しと自己基盤、そしてコーチの出番

Old & new foundations under Central Station Amste

記事を読む

3fc3eba6bd638031901c14615f97d08e_s

「人間は本来、善なのか悪なのか」

(こころの水鏡)人間は本来、善なのか悪なのか 興福寺貫首・多川俊映 より 仏教では、「善」でも

記事を読む

DSCF009233

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity.jp/2018/01/syn

記事を読む

no image

『天使と悪魔』

 『天使と悪魔』(演奏:世界の終わり)をご存知でしょうか?  「世界の終わり」の公式Webサイトは、

記事を読む

former-and-latter

「前者・後者」論の出発点(心屋さん)

 最近話題の「前者・後者」論。  事実を整理しつつ、視点を追加したい。  まず、「前者・後者

記事を読む

14ea258c40329702cb87747b3e150d2a_s
表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

IMG_20180418_173324
「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

couple
【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

DSCF009233
旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

DSCF009233
2018年1月の月巡り

2018年1月 今月の月巡りをカレンダーに落とすと美しい。

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑