*

愛の証拠や手順、ポイントカードはない

公開日: : 最終更新日:2017/02/20 et cetera

> 人は、利己心が相手の中にまるで見えない時にも、自分が本当に愛されているかどうかを、深刻に思い悩むものなのだ
> 平野啓一郎
 (折々のことば 選・鷲田清一)

愛されている証拠探しをするのはやめよう。
愛している証拠を示し続けるのもやめよう。

自分の心が自由であること、
相手の心が自由であること
その時、その場に愛がある。

愛の証拠や手順、ポイントカードはない。

ただし、自分が相手の愛を疑う時には、
自分に相手への愛がない。

努力で何とかなるものではない。
あきらめよう。

思い悩むことのメリットがあるとしたら、
相手が考えていること、その考えの背景、生き方のベースになっているものを、
観察結果の事実に基づいて、分析、プロファイリングするとき。
「愛」を考えているとき以上に相手を客観的に観察し続けることはできない。


関連記事

no image

感覚を元にチューニング

 石井ゆかりさんの占いサイトで、今週のおとめ座にこのような言葉が書かれていました。 > 具体的

記事を読む

Flower-December

「どれほど真っすぐに見えても、それが歩んだ道は曲がりくねっている」

> どれほど真っすぐに見えても、それが歩んだ道は曲がりくねっている > 木下直之  (折々のこと

記事を読む

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41crTvHcTVL._SL210_.jpg

地球少女アルジュナ

メモ http://ecx.images-amazon.com/images/I/41crT

記事を読む

Flower-September

好きなことの見つけ方

心配ありがとー。急に忙しくなっちゃったの。でも好きな料理の仕事だから幸せよ。そうそう、好きなこと見つ

記事を読む

Flower-December

「ただある人に一杯のお茶を淹れる」

> 誰かが私に一杯のお茶をくださったなんて、これが生まれてはじめてです > ある病院の患者  (

記事を読む

Flower-December

差別心

(人生の贈りもの)わたしの半生 作家・落合恵子:2 71歳 より 「差別」についてのさまざまな

記事を読む

Flower-June

新聞コラムより「障害重き子よ。ともに歩まん、険しき道を」

「障害重き子よ。ともに歩まん、険しき道を」 (一語一会)作家・椙山女学園大学教授、堀田あけみさん 

記事を読む

Flower-July

「そんな悪い人生でもなかったな」という心境になってから、目標や夢を考えると・・・

リブログしたブログのタイトルは、 ”しくじりを極める” ~~~~~~~ 書かれている通

記事を読む

9e3e8959a5842300dea083c2cb05c7c1_s

Webサイト「心を整理する」と「反応しない練習」

『【疲れた心に】インドで出家した僧侶が教える「ムダな反応」の止め方  http://next.ri

記事を読む

Flower-September

「思い込みを捨て、思いつきを拾う」

> 思い込みを捨て、思いつきを拾う > 小林幸子が銘とすることば  (折々のことば 選・鷲田清一

記事を読む

14ea258c40329702cb87747b3e150d2a_s
表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

IMG_20180418_173324
「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

couple
【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

DSCF009233
旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

DSCF009233
2018年1月の月巡り

2018年1月 今月の月巡りをカレンダーに落とすと美しい。

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑