*

「あ、私は自由だ」って思える、普段と違う自分を出す

公開日: : Open-minded Life lit

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・
  The Open-minded Life little 2013.05.12
・・‥‥………━━━━━■・・‥‥………━━━━━■

 生きる『原点』を一緒に創るコーチ 若狭 喜弘(Yoshi:よし)です。
 「よし」もしくは「わかさま」とお呼びください。

---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★『原点』コーチング(名称を変更しました)
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=494
★セミナー、個人ミーティング(コーチング、カウンセリング)、研修
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=190
---------------------------------

 生きる『原点』を一緒に創るコーチの若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)です。

 あのね。

 本当に信頼できる、とか
 本当に受け入れられたなあ、とか、
 あ、私は自由だ、とか、

 そんなふうに感じられる場所がありますか?

 そんな場所があったらいいですよね。

 そのためには、どんなことがあったらいいんでしょう。
 そのためには、どんなことが無かったらいいんでしょう?

----------------------------

 セミナーや研修で、『信頼関係を築く』というテーマでお伝えする時に、
このようなお話をします。

 難しい言葉ですが、キーワードとして調べたらほかにも情報が出てくるの
で、食わず嫌いにならずに覚えておいてください。

 このような言葉があります。

    ・信頼関係
    ・ラ・ポール
    ・スポンサーシップ
    ・安心・安全の場

 「信頼関係」=「ラ・ポール」です。
 少なくとも、自分が相手に対して信頼できると感じられる関係です。

 「スポンサーシップ」とは、「存在そのものに対する承認」を意味します。
 条件を付けず、過去も未来もなく、相手をそのまま受け入れる、という
「在り方」です。
 イベントでは、お金は物資を提供することを指しますが、
 人に対しては、相手の方が本来の自分通りに自由にその場に居られる雰囲
気があることを言います。

 「安心・安全の場」とは、マズローの5段階欲求の重要な方から2番目の
欲求を満たす場のことです。
 人には、「安心・安全の場」が必要なのです。

 何度も書いていますが、

    「そのような信頼関係ができた」

 と思えるのは、

    「自分の一番汚い部分を見せた時にも受け入れてもらえた」

 そう感じられたときなのです。

    「そんなこと、できる訳がない。
     正直に生きちゃダメ」

 と思ったら、そんな「人を信頼できない」世界で生きるしかありません。

----------------------------

 今回、紹介したかったのは、小学校の授業の話です。

    『違う自分 笑って話して
     http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201305100483.html
     (朝日新聞 花まる先生 2013年5月12日掲載)』

 クラスメイトに言ってもいい秘密を、クイズ形式でお互いに当てあう授業
です。

 約束は2つ。

    ・この場で知った秘密を守ること。
    ・本当に知られたくないことは言わない。

 上記リンク先には、授業風景の動画もあります。
 ぜひご覧ください。

----------------------------

 これは、「お互いに秘密を握りあう」から、信頼関係ができる訳ではあり
ません。
 「お互いにさらけ出し合う」から、信頼関係ができる訳ではありません。

 「自分の恥ずかしい秘密を話せて、受けいれてもらえる場」だから、信頼
関係ができるのです。

 話す方は、もちろん覚悟が要ります。
 聴く方も、覚悟が要ります。
 聴いて、それにコメントするには、適切な言葉を選ぶことと、やはり覚悟
が要ります。

 だからこそ、信頼関係ができるのです。

 これって、「命を預ける」ことでもあります。

----------------------------

 このことは、強要されるものではありません。
 小学生であったとしても、強要されるものではありません。

    「この人(たち)なら大丈夫だ」

 と感じられるからこそ、普通の人は、自分から恐る恐る踏み出していくの
です。

----------------------------

 私(Yoshi:わかさま)からの提案です。

 職場で、家庭で、このような互いの秘密を語り合う場ができれば、さらに
深い信頼関係となります。
 ですが、そんな危険なことは誰もできません。

    「この人(たち)と信頼関係をもっと深くできそうだ」

 と、感じられたとき、このことを思い出してください。

----------------------------

 この記事に、このような意図が書かれていました。

~~~~~~~~~~~
 学校に適応しているように見えるこの方が、実は『いい子』でいることに
疲れていることもある。本人が楽になるためにも、違う自分を友だちに出し
た方がいい。

(上記記事より引用)
~~~~~~~~~~~

 人は何かしらの役目を果たしています。
 役割があります。
 お芝居のように役を演じています。
 そして、役を演じ続けることに心が疲れてきます。
 もしくは、「役を演じていること」を忘れ、それだけが自分だと思い込ん
でいることもあります。違和感を感じ続けながら。

 本来の自分を出せる場を持った方がいいんですよ。
 大人も子供も。

----------------------------

 学校は、学ぶところです。
 学校は、学び方を学ぶところです。
 学校は、自分の才能に悩み、気づいて、いろいろ試みる場です。
 学校は、本来、日常生活で身に付けている鎧を脱ぐ場です。

 私は、小学校から大学に至るまで、そんなことは考えたこともありません
でした。

 今学校で、こんな取り組みをしているところがあります。

 これからですよ。
 今からですよ。

 誰のためではない、自分のため、
 そして、自分の子どもたち、孫たちのため、
 学校だけではなく、
 「あ、私は自由だ」と感じられる関係を一つ一つつくっていきましょう。

                  若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)

※『がんばろう日本 三方よしプログラム( http://p.tl/8J5q )』
 私が主催、提供するサービスは、すべてプログラムに則って被災地支援に役立てます。
・‥……━━■・‥……━━■
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★私が、コーチとして大切に思っている人
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=371
★料金表
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=60
■━━……‥・■━━……‥・

メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
5月期、6月期 の個人ミーティング(全1回~)、体験ミーティング、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。

Follow me!

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

プロフィール文を書こう

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

反論、反論の反論の曼荼羅図

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

ただその場に居ることの難しさ

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

セミナーに参加する立場だと疲れない

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

周りの人のため、自分のため「自分の感覚」に基づく

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

どんな姿勢で瞑想する?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

雷雨

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

「無理というのはそもそも人が作ったこと。」

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

自分ってどんな人?その3「私はスピリチュアルなカウンセラーではありません」

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

相手に伝わる言葉の使い方とは?(自己認識にはSF、ではコミュニケーションには・・・)

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP
PAGE TOP ↑