*

暗闇ごはん

公開日: : Open-minded Life lit

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・
  The Open-minded Life little 2011.03.11
・・‥‥………━━━━━■・・‥‥………━━━━━■
 「オープンマインド・コーチング」の 若狭 喜弘「Yoshi(よし)」です。
 こんな記事がありました。
   『見えない食卓?「暗闇ごはん」で不思議な食体験を
    http://r25.yahoo.co.jp/spcate/wxr_detail/?id=20110304-00005438-r25&vos=nr25nn0000001』
 何か面白そうです。
 これまで、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」というのは知っていました。
   『Dialog in the Dark
    http://www.dialoginthedark.com/』
 なぜ、人はこのように暗闇に惹かれるのでしょう?
 って、これは逆なのですよね。
 これまで、人や暗がりや闇を嫌い、夜行性の動物を恐れていました。
 研究をしているわけではありませんので、ご承知ください。
 本当に恐れていたかというと、私(Yoshi:よし)にはよくわかりません。
 ただ、
   ・暗闇の危険を避けること
   ・暗闇にいる人から危害を受けることから我が身を防ぐこと
 という意図はあったのでしょう。
 でも、現代は明るくなりすぎました。
 日本では、本当の真っ暗闇は、本当の山奥に行くしかありません。
 360度ぐるっと一回り明かりが無くて、空が開けたところは無いでしょう。
 「満天の星」を見ることは、ほとんどできません。
 こういう状況になったからこそ、人は暗闇を求めているのでしょう。
 ただし、エンターテインメントとして。
 今の日本では、そのような入り口が必要なのでしょうね。
   「入り口」ってどういうこと?
 「単なるお遊び」とだけ感じて参加されているとは、どうにも思えないか
らです。
 エンターテインメントだったとしても、行こうと思う人がいるのは、何か
理由、・・・・・感覚的に引き寄せられるものがあるはずです。
 私(Yoshi:よし)の屋外での真っ暗闇体験を振替えってその理由を探すと、
   ・普段体験できない感覚を体験できる。
   ・感覚が敏感になる。
   ・視覚ではない感覚で、「見る」ことが出来る。
   ・普段使わない身体の機能から、情報を入れ、理解する流れに驚く。
   ・身体の内と外が曖昧になる。
   ・無力さを思い知る。
 などが思い浮かびます。
 もっとも、このときはエンターテインメントでは決してなく、危険と隣り
合わせでしたが。
 さらに、
   なぜ、そのようなものに惹かれるのでしょうか?
 不思議ですね。なぜでしょう?
 答えを持っている人はどこにも居ませんが、私はこんな風に考えます。
   ・DNAが、この感覚を忘れさせないため。
   ・光と音、両方の “静寂” の中で、自分自身と向き合う時間が求めら
    れている。深い思索をするには、光と音の “雑音” が多すぎる。
   ・今、”私” の無力さからスタートする必要がある。同時に、”私はす
    べて備えている” と気づくため。
 あなたは、どのようにお感じになりますか?
 「安全」が保障されることが大事ですので、有料のエンターテインメント
も私たちに必要なことですね。
 私?
 もちろん、「体験しないと何も感じることが出来ない。もちろん、人に話
すこともできない。」と思っていますので、機会があれば、
   「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
   「暗闇ごはん」
 ともに体験したいです。
                  若狭 喜弘(Yoshi)
※4月より、セッション料金を改定します。継続中の方は据え置きです。
 詳しくは、Webサイト http://ameblo.jp/inner-nature/ をご覧ください。
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
3月期、4月期 の体験セッション、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。

Follow me!

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

私は、自然派コーチです

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

あなたが選んだ写真は、どの資質を活かした人生を表している?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

「静かだ」

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded

記事を読む

力を発揮するための環境づくりはもう十分だ

2013 Last Chance Meet / sangudo[/caption] ■━━━

記事を読む

no image

5,500年前は、古いか新しいか?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

「ひらめき」と「直感」

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

Take me home Country Roads

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

自分の代わりはいる

The Only One Organism with Me Tonight / jiazi[/ca

記事を読む

no image

仲間が連れてきてくれること

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

私が、コーチとして大切に思っている人

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・  The Open-minded Life

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP
PAGE TOP ↑