*

最初から完璧な線を描こうとせず、でも消えないペンで描いていく

公開日: : et cetera

53歳「絵の天才」と呼ばれる男がなお抱く渇望
やりたいことと適性の一致は幸運だった
http://toyokeizai.net/articles/-/196238

「プロとは」という文脈で紹介。

> 「普段はシャーペンで下描きを描くし、消しゴムも使いますよ。
> ただ、昔からなるべく一発で書こうとか意識してる。
> それは中1か中2の頃に、手塚治虫先生が『マンガの描き方』 (光文社)で
> 『落書きする時はなるべく消えないもので描きましょう。
> そうすれば上手くなります』という解説をしていて、なるほどと思って守ってます。

一発できれいな成功した線を描けなくてもプロと名乗っていい。
その代わり、消さないこと。
これが大事。

最初から完全な線を描けなくても、
書いた線を消さないことは誰でもできる。

僕も、
アイディアを書き出す時、鉛筆やシャープペンシル、フリクションペンは使わない。
2年くらい前から、ほとんどを万年筆にしている。それ以外を油性ボールペン。

「消せる」

と思ったアイディアには価値がない。
もちろん、書き間違いや、助詞の使い方が変で直す時があるが、
訂正線を引いて、空いた場所に引き出して代わりの語句を書く。

消せないもので書くから、「完璧なことばを書く」かというと逆で、
口から万国旗を出す奇術の人と同じように、
とにかく出てくるものをそのまま認めて、定着させていく作業をしているだけ。

そうだ。
鉛筆などを使う人は、
きっとその場で推敲を同時にしているのだろう。
推敲なんかするから、途切れて次が出てこなくなるんだ。

そうだなあ。
崖のぼりでアンカーを打っていくが、
そうやって出てきたものが引っ込まないようにする儀式として、

「消えないペンで書く」

があるんだなあ。

~~~~~~~~~
ここまで書いて、ウッと気づいた。

セミナーの講師をするときには、
台本の進行表を手放せないなあ。

「プロじゃねえ」

と思っていたが、やはりそうか。

「とにかくプレゼンの練習をくりかえして覚えるまでしたらいい」

と提案してくれる人は居たし、
それも納得はできたが、ピンと来ていなかった。

自分に対して、
「練習したがらない傲慢な奴」
とも自分で評価していた。

でも、そうじゃない。
アイディアを出すは自分の責任でどうとでもなるが、
一語一会で出会った人に伝えそびれてしまうのはよろしくないからなあ。

アイディアでもそうなんだけれど、
一つの線を描くのがプロのすることではなくて、
その線を集めて目的のものを作り上げることが目的。

だから、
「間違っていても、気づいたときに、ずっと後になっても修正したらいい」

と思っている。
セミナーも、その方式をしたらいいんだ!!

今思い出したが、
ロボット教室の主宰をしていて、授業をしている。
間違えることも、知らないことを質問されることもある。

そんなときには、
「できるだけ次回に訂正したり、答えを伝えたりする」

をやっているなあ。
このサイクルが僕にはいいんだな。

セミナーも、こんな風に受け入れてくれる人がいれば、
ほかの人に代えがたいものをお伝えできると思う。

プロダクトアウトでも、
マーケットインでもなくて、
なんて言うんだろうね。
「日曜学校」とでもいうのだろうか。
もしくは、「師匠と弟子」?

もしかしたら、これまでの社会には、これに名前がなかったかもしれない。
話を聴きたい、話をしたい
という人が集まってくる場であれば
僕にストレスなく、ものごとの本質を伝えていけるなあ。

~~~~~~~~~
ともかく、
最初から完璧な線を描こうとせず、
でも消えないペンで描いていく
ってとても大切なこと。

(続く)


関連記事

no image

祝祭

 七夜物語(ななよものがたり)(川上弘美さん作・酒井駒子さん・絵、朝日新聞朝刊に連載中)は、第6夜は

記事を読む

「本音を汲み取ろうとしてない」と言われたらどうする?

後者の人は辞書を引け!http://www.mizunohiroshi.com/archives/1

記事を読む

北海道の猛吹雪でお父さんに守られた娘さんのはなし

新聞にこんな記事がありました。 今年(2013年)3月2~3日の猛吹雪のため、北海道で9名が亡くな

記事を読む

「じぶんが、泣いたり、笑ったりする感情をもった人間だったことを何年かぶりに思い出したよ」

> じぶんが、泣いたり、笑ったりする感情をもった人間だったことを何年かぶりに思い出したよ > 沖縄

記事を読む

no image

感覚を元にチューニング

 石井ゆかりさんの占いサイトで、今週のおとめ座にこのような言葉が書かれていました。 > 具体的

記事を読む

相手に向かって体を開く

> 言うだけ言えばいい。相手がどう思おうと、言いっぱなし、という場合が多いのは、からだが他人……に向

記事を読む

「解散」

かあさんマンガ「解散」 より。 (公開は2週間のため、リンク先が表示されない可能性があります)

記事を読む

「親亡き後、子供が安全に暮らしていけるように準備する」

益田ミリさんの新聞コラム 「オトナになった女子たちへ」 (2016年8月19日 朝日新聞) で

記事を読む

人一人が生まれてきた目的は、「ただ生きること」だとしたら?

> 「心をもつ者」として扱われることによって、またそのことだけによって、心は発生し成長するのだ。

記事を読む

自分の力を発揮できる温度は

人間はもろいね。 夏は気温が30度を越えると頭の中が溶けて緩んでくるように働かなくなる

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑