*

「共感性」・・・ストレングスファインダー

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 et cetera

Facebookに書いたものです。
こちらにも記録として残しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~
SFの最新の結果を見たら、「共感性」がNo.5に入っていました。
私の「相手がわかる」のためには、
「相手の立場に自分が立つ(NLPでいうアソシエイト状態)」
ことが必要でした。
それができたらよくわかるし、そうできない(情報が与えられない)と、まったく相手の立場が理解できないといった、両刃の剣の面があります。

相手の「そうせざるを得ない状況」がわかれば、相手を理解できるので、すべての事柄について、四苦八苦して「そうせざるを得ない状況」を見つけようとしています。
すべての人をわかる訳ではないので、「そのうちわかる」「保留」というのもたくさんあります。

上位10位までに「関係資質群」がこれしかないので、これにこだわっているのか、執着しているのか、・・・ともかく私にとって大事な資質です。

--------------------

(「影響を受けやすいので、防御することも考えておかないと」というコメントを受けて)

「意識しない時にでも、その場の環境や相手に影響を受けやすい」
ことかな、と推測します。

確かにそういう面もあって、場にペーシングすることは得意だと思います。
(一方で違和感を感じ続けていますし、自分の領域でない場合は、得た情報以上の情報をその場に出すことができません)

私の場合は、「共感性」の説明を読んで、
「相手と一体化して、相手を理解する」というコミュニケーション法を取っていると自己分析しています。
ですから、例えば面談で、相手がその面談のテーマの話だけしかせず、相手のキャラクターそのものがわからないと、「共感」できずに相手を理解できずに、上っ面だけになります。

--------------------

この後書くことを私も経験してきまして、「防御しないと」とおっしゃらなければならなかった状況に出会われたようですし、とても大変なことだったのだろうと推測できます。

~~~~~~~~~~
この話を読んで思い出したのは、「母と祖母の嫁姑関係」と「間に入らされた孫」の話です。
孫になった時の経験から、「味方に取り込もう」という意図を感じる感情の流入には、「自分の領域はここまで」という線引きをするようになったような気がします。
その時できなくても、後で分析して線を引き直して、感情の後始末をつけることはよくありました。

~~~~~~~~~~
せっかくの資質なので、「防御」という視点ではなく、
「大いに発揮する」という視点でアイディアを出し合っていきませんか?
そのうえで、ストレングスファインダーの本を読むと、「感情で判断する資質(それも結構適切な判断)」のようですので、「他人の感情に巻き込まれない」というのも大切なことですね。

--------------------

「自分の資質を受け入れ、向き合えるようになるまでは、ケアしましょう。それは(ほかの人たちの平均よりも高いレベルの)才能だから、感受性が高くなっているだけなんですよ」
というお話ですね。

もしかすると、視点の違いは、

「本当に才能を発揮しようと思ったら、 “いいとこ取りしよう” としていてはダメで(というか、本質的にできない)、自分の状態や反応を気づき、モニタしながら、丸ごと引き受けることから」

との立場を私がとっているからなんでしょう。

Follow me!

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「いい人でいることを手放せない」について

Facebookのコメント欄に書いたことを、転載。 「いい人でいることを手放せない」について

記事を読む

「自由だけは、誰にも明け渡してはいけない」

「自分の持っているものを他人に与えるのは素晴らしいことだが、自由だけは、誰にも明け渡してはいけない」

記事を読む

no image

人生脚本を調べるワーク

 今日は、人生脚本を調べるワークをしていました。    TA TODAY―最新・交流分析入門    

記事を読む

ひっそりとした一人の時間を大事にする生き方

> 選んだ孤独はよい孤独 > フランスの言い習わし  (折々のことば 選・鷲田清一) 鷲田

記事を読む

自分は何の能力が秀でていて、それを使っているのか?

まずは、 自分が「前者」なのか、「後者」なのか 知って受け入れることです。 「前者・後者」

記事を読む

忘れる前に、わあわあとアウトプット

これおもしろい。 僕も似たようなもの。 ただし、   ・忘れたら忘れた

記事を読む

前者か、後者か、って、自分への期待値が入っちゃうよね

心屋さん界隈で、もう散々言われてきたことなので、ご存知のことも多いと思うのですが、 でもやはり、

記事を読む

「なんかもう 全てヨシなんだ」

「なんかもう 全てヨシなんだ」 「ヨシ」毎日かあさん より引用 (おそらく、記事の公開は終了して

記事を読む

Vol. 98 [どう死ぬか、どう生きるか]

Core Infinity Viewsに投稿したものを、再録します。 -------

記事を読む

『生きたい』のではなく、『生きる!』

小林麻央「生きる道を選んで…」ファンの言葉で変化 強い思いを明かすhttp://mdpr.jp/ne

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP
PAGE TOP ↑