*

「ワーク」で大切なのは、何をする場なのか理解していること

公開日: : Open-minded Life lit

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・
  The Open-minded Life little 2011.05.06
・・‥‥………━━━━━■・・‥‥………━━━━━■
 『新しい酒は、新しい皮袋に』
 あなたの次のステップのための「セカンド・コーチ」の 若狭 喜弘
「Yoshi(よし)」です。
 バイロン・ケイティさんの『ザ・ワーク 人生を変える4つの質問』につい
て、前回記事にしましたが、心の中がモゾモゾするような、ザワザワするよう
な感覚がありました。
 しばらく、その理由がわかりませんでした。
 反芻するように思い出すと、
    「出来事の事実と、感情の事実を区別する」
 ことだなあ、・・・・・・・??
 思い出しました。
 以前、記事にしていました。
   『Vol. 29 『出来事と感情の事実』を眺める
    http://ameblo.jp/inner-nature/entry-10804226476.html 』
 『出来事と感情の事実』を眺める
   1.「出来事の事実」と「感情の事実」を書き出して区分する。
   2.どんな常識や前提を置いていたか?
     「いつでも?」「どこでも?」「誰でも?」「本当に?」
     と自分自身に質問して、『No』であるもの。
   3.それら「過去の事実」を書き出して、客観的に眺める。
   4.「過去の事実」は事実として受け入れる。
   5.「では、これからどうする?」を自分の内に問いかける。
 そのためのワークシートも提供していました。
 現在でも申込み可能です。
   ---------------------------
   ワークシートのPDFファイル版も用意しました。お申込みください。
   https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P63624172
   ---------------------------
 と、自分の宣伝のためにこの記事を書き始めたのではありません。
   「バイロン・ケイティ著
    『ザ・ワーク 人生を変える4つの質問』
    http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4478003777 」
 を読んでいて、そのワークに取り組むにあたって大切だなあ、と思ったこ
とをここで整理します。
 私(Yoshi:よし)の書いた言葉と、本書はこのように対応しています。
   出来事の事実=「本当」
   感情の事実 =「ストーリー」
 そして、本書が秀逸なのは、客観的に眺めるツールが用意されていること
です。
 1.現状を書き出すワークシート
  それは、現在の感情をそのまま記述するワークシートがあることです。
  それも、あからさまな言葉となるように、穴埋め式になっています。
 2.4つの質問
  次いで、4つの質問です。
  絡まった「出来事の事実」と「感情の事実」をガイド(=聞き手)が解き
 ほぐしていきます。
  「現実に起こっていること」と「思っていること」を区別する、単純なこ
 とですが、ガイドは話し手の勢いに呑まれず、丹念に解きほぐしていきます。
  ここで大切なのは、「話し手の信頼を得る」ことです。
  ガイドとして、話し手の内容をジャッジしないこと、話し手をジャッジし
 ないこと、共同作業者であり続けることです。
  「単にそのようなつもり」として接するのではなく、「話し手への向き合
 い方」「言葉の選択」「解きほぐし方が正確であること」が必要です。
 3.文章の置き換え
  そして、文章の「置き換え」です。
  主語を交換し、動詞を逆転させていきます。
  本書にも書かれていますが、「置き換えの文章をたくさん作ることが目的
 ではなく、より真実に近いと思われる文章を作ることが大切」です。
  置き換えた文章と向き合うことによって、自分自身の思い込みと出会い、
 気づくことができるのです。
  「思い込み」は、空気のように、当然のこととして、思考も行動も覆って
 いるので、普通は気づけないのです。
 全体を通して大切なことがあります。
--------------------------------
 ワークに初めて参加する方のために言っておきますが、もし私がメア
リーに自分のストーリーを捨ててくださいと言っているように聞こえる
なら、ここでちょっと説明しておくと、そうではありません。ワークは
思い込みを捨てさせようとしませんし、克服したり発展させたり、降参
したりさせようとしているのでもありません。どれも違います。これは
あなた自身が内なる原因と結果に気づくためのものです。質問は、 “そ
の考えを捨てる理由は見当たりますか?” それだけです。
(人生を変える4つの質問[旧版]
 By バイロン ケイティ, スティーヴン ミッチェル
 安藤 由紀子(訳)
 http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/404898134X
 のP15より引用)
--------------------------------
 聞き手(=ガイド)にとって大切なのは、以上を十分に理解し、その存在
となり、瞬間瞬間に実践していることです。
 また、話し手(=クライアント)も、このことを十分に認識することで、
「自分自身が話し手として集中」し、「聞き手を信頼」していることが大切
です。
 あなたが話し手になった際には、まず理解し、その場を安心してすごして
くださいね。
 聞き手(=ガイド)は、まさにコーチと同じく、その状態を常に保つと共
に、保てなくなったときには正直に伝えるなど、敬意は持ちつつも、信頼の
置ける友人関係のような、率直なコミュニケーションを取れる関係を築く必
要があります。
 さあ、ここまで読まれて、「ワーク」を受けたくなりましたね。
 人間、生きていれば何かと苦しみを背負っているものです。
 少なくとも、本書を購入し、一人でワークをしてください。
 頭で考えているだけではダメですよ。
 文字にし、口から言葉にして出してください。
 コーチの立場で追記しますと、
 一人で無理せず、コーチに相手役を頼むのも、良い選択肢の一つです。
[解説しよう]
 コーチングでは「オートクライン」などというカタカナ言葉を使いますが、
簡単なことです。
 言葉にするときに考え、口から発するときに瞬間のひらめきが起こるので
す。
 「自分の言葉を耳から聞いて気づくことがある」と言いますが、
 私は「口から言葉を発するときに気づきや葛藤を発見できる」と考えてい
ます。
                  若狭 喜弘(Yoshi)
※4月より、セッション料金を改定しました。継続中の方は据え置きです。
 改訂後の料金は、Webサイト http://ameblo.jp/inner-nature/ をご覧ください。
※『がんばろう日本 三方よしプログラム( http://p.tl/8J5q )』
 私が主催、提供するサービスは、すべてプログラムに則って被災地支援に役立てます。
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
※2011.05.07
 最後の文章「口から言葉を発するときに気づきや葛藤がある」を一部修正しました。
5月期、6月期 の体験セッション、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。


関連記事

自分のエゴをかわいく思う

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

優位感覚は「思考」で留めずに

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

クーラーは偉大だ

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

「とりあえず」

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded

記事を読む

私(Yoshi:わかさま)の瞑想法

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

気づきのカフェ on Skype へのお誘い

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

1000年後に伝えるものは何ですか?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

自律神経からのメッセージを気づいていますか?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

自分らしい表現法

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

伝えたかったこと

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑