*

Vol. 46 自由ってなんだろう?

公開日: : Open-minded Life

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・
  The Open-minded Life【Vol. 46】 2011/11/13
・・‥‥………━━━━━■・・‥‥………━━━━━■
配信解除、配信先変更は、以下のいずれかの方法にてお願いします。
→ このメールにそのまま返信する。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
 「コンサルタント(Consultant for you)」の若狭 喜弘(Yoshi:よし)
です。
 セルフコーチング法、セルフコントロール法や自分を見つめる視点をお伝
えします。
---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★コンサルタント(Consultant for you)
  http://ameblo.jp/inner-nature/entry-10930139404.html
---------------------------------
《自由ってなんだろう?》
 今回は、この本の紹介から。
   自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
   By 森 博嗣
   http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4087205207
 森博嗣さんの本は、以前も紹介しました。
   創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)
   By 森 博嗣
   http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4087205312
 と一緒に2週間で書き上げられた本です。
 余談でした。・・・・と、読者をちょっとした混乱に陥れるのが好きだな
あと思う、今日この頃。
 さて、今回は『自由』です。
 辞書的な意味はすでに本書で述べられているので、まず引用します。
---------------------------------
 辞書を引いてみよう。この言葉の意味を知らない日本人はいないと思う。
英語では、free や fredom である。free は、「無料」の意もあって、つ
まりは(お金を払うなどの)「制限を受けないこと」を示す。日本語の
「自由」は、英語とは本来はニュアンスが違っていて、「自在」に近いよ
うにも思う。すなわち、「思うがまま」という意味だ。「剣豪が刀を自由
に使う」という風に思われる。
(中略)
 もちろん「支配からの解放」であることにはまちがいない。ただし、多
くの人にとっては解放されること自体が、自由の価値になっている。解放
されたことで何ができるのか、といった「自由の活用」へは考えが及んで
いないように見える。
(上記書籍から引用)
---------------------------------
 で、森博嗣さんは「自由」をどのように定義しているかというと、
    『自由とは、自分の思ったとおりに行動できること』(森博嗣氏)
 という「まえがき」から始まる本書は、本文でさまざまな体験がつづられ
ます。ぜひお読みください。
 で終わってもいいのですが、これじゃ引用にもなっていないので、「自由」
について、一緒に考えていきましょう。しばらくお付き合いください。
 「自由」について、Wikipedeiaを見ましたら、このような言葉も併記され
ていました。
---------------------------------
「自由」は古典中国語では「後漢書」、日本では「続日本紀」まで遡るこ
とができるが我儘放蕩(わがままほうとう)の意味であった。
福沢の西洋事情にはlibertyを邦訳することの困難さを述べており、自主・
自尊・自得・自若・自主宰・任意・寛容・従容などといった漢訳はあるが、
原語の意義を尽くさないとする。
(Wikipedia 「自由」より引用)
---------------------------------
 ほかに、「自在」「天下御免」も紹介されています。
 改めまして、
   『あなたにとって、「自由」とは何ですか?』
   『「支配からの解放」以外の、「自由」を体験していますか?』
 まるで、
   「白熊を考えないでください。ほら、あの、北極に住んでいる、全身
    が真っ白の熊、それを考えないでください。」
 と言っているようなものですが。
----------------------
 ここまで書いて、私(Yoshi:よし)が言いたいことが見えたような気がし
ました。
 私(Yoshi:よし)は、
 「自由」「創造的」は、同じカテゴリーにあります。
 森博嗣さんの言葉を借りると、「まったく理路整然としていない」そのこ
とが、「自由」であり、「創造的」です。
 日常会話もそうですし、コーチングの2つの道の一方は、こちらに繋がっ
ています。
---------------------------------
 書いたり、話したりしながら考えると、思考が論理的になる利点はある
けれど、逆にそれは、思考が一列になっただけで、明らかにパワーダウン
していることに注意したほうが良い。思考が、伝達手段に制約され、不自
由になっている証拠といえる。
(上記書籍より引用)
---------------------------------
 こんな風に、コーチングで話すことで、「不自由になる」こともあるので
す。
 それも時として大事なことだけれど、『パワーダウンしている』というこ
とは、知っておいたほうがいいでしょう。
 つまり、「コーチ側の理解のしやすさ、管理のしやすさ」にも、繋がって
います。
 コーチングのもうひとつの道は、「理路整然とした言葉を求めない」こと
です。
[補足]
 「自由」がテーマの本稿ですので、「自由」にいきますが、
 「コーチングへの挑戦状」のようなことになって、ドキドキしています。
 わからない方はいないだろうと思いますが、
 「コーチ自身が、クライアントが話していることを理解するため、目標の
コミットメントさせるため、目標を数値化させ、それを評価しやすくするた
めに、クライアントに『不自由』を強いていないか?」
 を「挑戦状」と記しました。
 話を元に戻して。
 「パワーがある」ということは、「創造的」なんです。
 とっ散らかっていても、関係性がまったく感じられなくても、結局はその
言葉を出した人が真ん中にいて、すべてが関係あるんです。
 身体の中から出てくる言葉、感情は、様々なものがあります。
 「出てきやすさ」という面からも、いろいろあります。
 「出てきやすいもの」は、いいんです。黙っていても出てきますから。
 「出てきにくいもの」は、「パワー」や「勢い」がないと、なかなか出て
きません。
 それが、大切なものです。
 食事時に、「好きなものから食べる」「好きなものは後に残す」という2
通りの人がいます。
 その類推から、「最初に大事なことを話す人もいる」との視点もあるでしょ
う。
 でもね、
 本当に大切にしているものは、無意識の領域にあって、言語化されていま
せん。
 この、「本当に大切にしているもの」は、
    ・「当然」と思っていること
    ・常識
    ・思い込み
    ・ビリーフ
    ・幼児決断
    ・「本当に大事にしているもの」に関わるストーリー(過去の体験
     や未来への期待)
 「もの」と書きながら、「物」じゃないですね。
 それでです。
 これらのものを心の地表に出してやるには、身体の外に言葉として出して
やるには、『パワー』が必要です。
 後からいつでも、論理的な整合性をつけることができます。
 それよりも、その『種』『核』といった部分を外に出すことがとても、大
切です。
 それができる自分自身は、「自由」だと思いませんか?
   『あなたにとって、「自由」とは何ですか?』
 こっそりとで結構です。あなたの「自由」を教えてください。
 さて、前回も問いかけましたが、
 もう一つ、「Open-minded Life」とはどういうことだと思われますか?
 あなたの体験を元に、この感覚を思い出してください。
 では次回、お楽しみに。
           『コンサルタント(Consultant for you)』
                  若狭 喜弘(Yoshi)
Twitter、Facebook、Google+に日々のことを書いています。
   http://twitter.jp/CI_Yoshi
   http://facebook.com/wakasa.yoshihiro
   http://gplus.to/yoshiwakasa
 より近いコミュニケーションをしましょう。
■━━……‥・■━━……‥・
《最新情報》
 私(Yoshi:よし)が主催、提供するサービスは、すべて
 『がんばろう日本 三方よしプログラム( http://p.tl/8J5q )』
 に則って被災地支援に役立てます。
★☆コンサルタント(Consultant for you)☆★
 11月期、12月期 新規クライアントのお申込みは、下記URLをご覧ください。
 http://ameblo.jp/inner-nature/entry-10935975284.html
 テーマは、
   「行動・決断をするための情報が欲しい」
   「自分自身の才能(=Gift)を活かして生きる」
   「オープンマインドを身につける」
   「セルフ・コーチングを身につける」
   「ハイ・パフォーマンスを出す」
   「心身を整える」
   「実践的コーチングを学ぶ(簡略版)」
   「コーチングを学ぶ(Coashing Basics)」
   「わかっているのにうまくできないコーチングを改善する」
   「事務局運営を活性化して参加者との関係をより良くする」
   「TwitterやFacebook、ブログをはじめる」
 など。
 Coaching Basics 研修や少人数トレーニング、勉強会については、別途ご
相談ください。
 研修の例
   「フィードバックするだけで相手が変わる」
   「相手の気持ちを知る(ポジションチェンジ)」
   「自分と違うタイプの人とのコミュニケーション法(多様なタイプを知る)」
   「会話の極意(相手を知るには、まず周りのことを質問することから)」
   「沈黙が怖くなくなる聴力向上」
   「ほめる~あなたの気持ちを伝える~」 ほか
★平日夜のコンサル・ミーティング(梅田)
  ・人数:あなたお一人から
  ・日付:11月4日(金)、14日(月)、22日(火)、29日(火)
      12月1日(木)、2日(金)、15日(木)、20日(火)、27日(火)
  ・時間:18:30~20:00
  ・場所:大阪・梅田にて(お申込みの方にお知らせします)
------------------------------------------------------------—
★Cafe Third Place(カフェ・サードプレース)のご案内★
 ~名刺交換も勉強することも目的としない異業種交流会~
 [第16回]
 ・開催日:2011年11月15日(火) ←変更しました。
 ・時 間:19:00~20:30
 ・場 所:KENT HOUSE(JR草津駅西口側:http://p.tl/RYmf )
 ・参加費:1,000円(飲食費は別途実費をお支払いください。)
 ・テーマ:最近読んでいる本
 詳細は、http://www.facebook.com/pages/kafesadopureisu/104619209602562
------------------------------------------------------------—
 日本コーチ協会 京都チャプターの例会のご案内
 お申込みは、Webサイト( http://www.jca-kyoto.jp/)をご覧ください。
●11/27(日)京都チャプター設立 2周年記念セミナー
テーマ  「人が動く、絆が深まる コーチングの底力」
講師   真辺 一範氏、岡田 一毅氏、戸田 紳司氏ほか
□日 時□ 2011年11月27日(日)10:00~16:30
□場 所□ 京都テルサ
□参加費□ 正会員4,000円 一般5,000円
□内 容□
 学んだスキルや考え方を現場で活かし、職場環境の向上や
 収益アップにつなげている方々のナマの声を聞いてみませんか?
 今回の記念セミナーで、様々な事例から
 あなたに合った「コーチング活用法」を見つけてください。
●2012年 1/22(日)例会
テーマ  成果をあげる専門家としての自分軸
        ~基本理念・自己基盤力~  
講師   岡田 一毅氏
□日 時□ 2012年1月22日(日)13:30~16:30
□場 所□ 京都市内
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円
□対 象□ 弁護士・社会保険労務士・税理士の専門職
      建築士等の技術専門職
       介護福祉士等の福祉専門職
      意思決定を促す立場にいる 現場担当者・管理職・経営者
・‥……━━■・‥……━━■
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
11月期、12月期 のコンサルティング(全1回~)、体験セッション、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。


関連記事

no image

Vol. 45 Kに直接伝える法

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 33 本質をつかんだ言葉は分解できない

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 34 鮮明に描いて、そしてそれを手放して・・・・

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 44 ビリーフをちょっと緩める

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 38 オープン・マインドの仕組み

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

新年号 新年のあいさつ

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

Vol. 36 「待つ」ことは、ワカメから出てくる酸素を待つこと?

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life

記事を読む

no image

Vol. 39 優位感覚の区分を見直してみる

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 41 眠る

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   The Open-minded Life【

記事を読む

no image

Vol. 30 感情を体験し尽くす

■━━━━━………‥‥・・■━━━━━………‥‥・・   Open-minded Life【Vol.

記事を読む

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

2018年1月の月巡り

2018年1月 今月の月巡りをカレンダーに落とすと美しい。

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑