*

毎日が達人コーチ「部下を育成するリーダー力」

公開日: : お知らせ

自分のサイトに書くのを忘れるんだよなあ。
ということで、遅ればせながら、今週末の京都チャプター(日本コーチ協会)の勉強会のお知らせです。

『わたしが、リーダーとしてなんとかしてチームを機能させるにはどうしたらいいか?
 そんな視点で、わたしが取り組むべきこと。』

頭で考えてわかることは、誰もがわかっています。
でも実際にはなかなか思うように行動できないし、
その結果も芳しいものではありません。
誰かが無理すれば、何とか1回だけはクリアできるのですが。

リーダーの役割は、「目標達成」と「次のリーダー育成」です。
無理をしていてはどちらもできません。
どうしたらできるか、一緒に考えませんか?

チームメンバーには、育てないといけない人もいれば、実力がある人なので味方になってもらわなきゃならない人もいるものです。
・・・・・・
お楽しみに。

毎日が達人コーチ「部下を育成するリーダー力」 | Core Infinity
http://core-infinity.sakura.ne.jp/bring-up/


関連記事

no image

Cafe Third Place(カフェ・サードプレイス)のご案内

Cafe Third Place(カフェ・サードプレイス)のご案内 ~名刺交換も勉強することも目的と

記事を読む

no image

「体験コーチング(有料)」「無料オリエンテーション」のご案内

あなたが「自分らしく100%表現」するために、一歩踏み出しませんか? あなたが、希望、願望、世間体か

記事を読む

no image

カフェ・セッションへのお誘い

 カフェ・セッションはいかがですか?  私(若狭)の住まいの周りにも、セッションができるカフェがい

記事を読む

達人コーチが備える力  「質問する力」

日本コーチ協会 京都チャプターの例会で「質問」を担当します。 もう、明日ですが、少数でしたらまだご

記事を読む

no image

文字が大きくなりました。

 どこかの新聞のようですが、  文字が大きくなりました。  そして、行間も広がりました。  これで、

記事を読む

4月、下記のサービスを提供します。

研修直前に依頼していた講師が急病で倒れた!! とにかく急いでコーチングを1回お願いしたい!!

記事を読む

no image

『事務局運営チェックリスト』の配布を始めました。

 事務局運営ノウハウをお伝えする前に、事務局の作業の全貌を知り、各分野、事項の達成度を見えるようにす

記事を読む

no image

ブログやプロフィールの構成を見直しました。

 ヘッダ画像は変更していませんが、ブログ・ページ、プロフィール・ページ共に、「Yoshi(よし)の主

記事を読む

no image

がんばろう日本 三方よしプログラム

※プログラム名を『がんばろう日本 三方よしプログラム』に変更しました。(旧名称:震災被害者支援プログ

記事を読む

no image

セッションの流れ

 セッションでは、このような時間を過ごしていただきます。 セッションの流れ ①お話を伺います。 ②今

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2015年2月
    « 12月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    232425262728  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑