*

「後者」からは「前者」はこう見えているよ・・・というお話し

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 et cetera-前者・後者, et cetera

 最近話題の「前者・後者」論。
 事実を整理しつつ、視点を追加したい。

 僕は、「後者」です。

(「前者・後者」論の出発点(心屋さん)
 https://oml.core-infinity.jp/2016/04/former-and-latter-2/ )

 後者にとって前者が問題だと思うことを「むかえさん」が書かれています。
(「問題」というと、喧嘩を売っているようなので、
 通常は「後者が前者に理解してもらえない点」と表現します)

~~~~~~~
あくまで極端な例ですが
例えば短距離のスプリンターを捕まえて、

「100メートルなんぼで走れる?」

て聞いたら、そりゃこう言いますよね。

「10秒かな」

だってこれこそが、彼(彼女)にとっての「能力」ですから。

これでもし聞いた方が、
10,000メートル走での100Mラップタイムを聞いてるつもりだったり
同日に別の競技(200m走や400m走や幅跳びなど)をこなす前提での話のつもりだとしたら

どう考えたって、明らかに聞き方が悪いわけです。

後者のMax見積もり問題(変化と自由の立会人☆むかえ)
 http://ameblo.jp/mukae-443/entry-12147140413.html
 より引用)
~~~~~~~

 といった、コンフリクト、というか理解しあえない話があります。
 この後は、僕の理解の範囲で「前者」を見て何だかなあ~、と思うことを記します。

-----------
 「前者」は
・コンピテンシー好き
・コンピテンシーを守るのが好き
・コンピテンシーで評価するのが好き
・同様に、ルール、法則、システム、規則性、規律性が好き
・結果、もしくは少なくとも行動がすべて
・欠点を直すことでうまくいく
・効率化
・効率化と言って、良いとこ取りする
・「私の質問にそのまま答えてくれたらいい。補足説明は不要」
・すべての行動には使う目的がある(資格取得、学びも)
・議論とは、お互いの結論を出し合うこと。否定する場合は対案が必要
・プレゼンスが大事(「あり方」というよりも「観られ方」)
-----------

 「効率化」という点で、
 「前者」は「後者」に求めています。

・ベストの状態の成果を常に期待する
・一番効率がよい時を基準にする
・「私(前者)がそこまでできないのは仕方がない。でも、後者はできるでしょ?
  だから、できたときの分だけ価値を認めてあげる。」
 として、後者は認められた仕事をした時間だけ「仕事をした時間」とされる。
 かつ、時間単価は前者と同じ。
・「さあ、後者。これができる人を採用するよ。」
 と競争を煽る。
 前項と同様に、仕事をした時間を割り引く。

 上では「仕事」をしましたが、家庭などあらゆる場面で価値を正当に評価し、対価を支払おうとはされません。

-----------

 どうやって「後者」としてイキイキと生きていくか?
 一緒に考えていきましょう。

 まだ十分に広がっていませんが、

 心屋さん( http://ameblo.jp/kokoro-ya/ )
 水野さん( http://www.mizunohiroshi.com/ )
 むかえさん( http://ameblo.jp/mukae-443/ )

 語られています。

 ただし、「後者」は(「僕」がということかもしれませんが)、

  「他人が提案したことは、しっくりこない」

 ものです。
 だから、僕もあなたも

  『自分の答え』

 を見つけていきましょう。


関連記事

「なんかもう 全てヨシなんだ」

「なんかもう 全てヨシなんだ」 「ヨシ」毎日かあさん より引用 (おそらく、記事の公開は終了して

記事を読む

いつも、自分の真実を話す

> 「つねに真実を話さなくちゃならない。なぜなら真実を話せば、あとは相手の問題になる」 > マイケ

記事を読む

「前者・後者の特徴と判別法」一覧(その2)

「前者・後者」について、 判別するための情報や、特徴がいろいろな人によって書かれています。

記事を読む

no image

「体験する時間」が文章になるまで

体験する時間 身体で受け止める時間 エッセンスに気づくまでの時間 文章にする時間 メール通信、Ame

記事を読む

no image

『1日の上限が越えました。』

 「読者登録の上限数」は1,000名と知っていましたが、1日の登録上限をよくわかっていませんでした。

記事を読む

「受け入れる」

> 他の人々の生を私たちは私たち自身が磨いたレンズで見るし、彼らは私たちの生を彼らのレンズで見る

記事を読む

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言われて、どうしたものか、と相談を

記事を読む

お礼を伝えきれていなかった人へ、ありがとう

ある人の記事のコメントに書いたことです。 ~~~~~~~ お礼を言う機会、というのは、思

記事を読む

「ピンポン球は真上から一点を目がけて落とすと、高くはねあがる」

> ピンポン球は真上から一点を目がけて落とすと、高くはねあがる > 哲学者の故鶴見俊輔さん (一

記事を読む

世間話の時に脳内で繰り広げられていること

私のコミュ障具合が酷すぎて脳内図だけでも理解していただきたくこういう図を作りましたが理解されるのだろ

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑