*

「大学時代、何も考えていませんでした」

公開日: : et cetera

e855e60f3c687d96c4059cb1ba435527_s

Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]
http://views.core-infinity.jp/2014/06/role-model/

より再録します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まったく Open-minded ではないけれど、
これまでの経歴。

【大学1年生の今頃、何を考えていましたか?】
 「何も考えていませんでした。」
 あまりに正直すぎる答えをしました。
 「家から離れられて、やれやれと思っていたはずです」
 とも答えました。

 ここから自分のダメさを語りました。

 ・「できること」という意味で、「物理の問題が解けたから」という理由で物理科に入ったので、カリキュラムをこなし、住んでいた寮の企画をこなすだけだった。

 ・仕事で生物系の「環境コンサルタント」の会社に入ったのですが、「これからは生物や環境に注目が集まり、仕事になる」と思ったから。

 ・本当に「やりたいこと」に出会って、それまで隠していた気持ちに正直に生き始めたのは、会社を辞め、40歳くらいになったころだった。

【大学時代にやったことで、今役立っていることは何ですか?】
 ・科学的思考法、科学リテラシーを身につけられたこと。(例えば、「水は何でも知っている」に対して、「嘘つけ」と理由を持って反論できる感性)

 ・レポート作成法

 ・コンピュータなど、機会をいじることに恐怖心、躊躇する心がないこと。

 ・今でも続く友人関係があること。

【大学時代にやっといた方がよかったなあ、と思うことは?】
 ・親しい後輩に、「大学のある地元の夏祭りに、神輿担ぎなどで参加するなどやったらいいと思うんだよなあ」と語ったが、何も行動しなかった。「社会とつながる」という意味と、「思いついたことを素直にやってみることの大切さ」の2つで反省している。

 ・大学は、自分の仮説を安く手軽に実験できる場所なので、物理科という意味だけじゃなくなんでも「仮説」と「実験」をしたらよかった。大学生は、犯罪以外はたいがい許されるからね。

【環境コンサルタントの仕事で、今役立っていることは何ですか?】
 ・小さな会社だったので、調査業務、レポート作成、有識者で構成される検討会でのプレゼンターから、見積もり作成、入札まで、あらゆることをやらせてもらったこと。

 ・「現場での調査をしてレポートを作る」がベースとなる仕事だったけれど、発注者と地元、発注者と自社、自社内など、「人を活かす」「人に敬意をもって接する」コミュニケーションの大切さを反面教師として認識させてもらった。そして、それが、私が関心ある分野であることに気づかせてもらった。

【なぜ今の仕事をしているのですか?】
 ・大学時代に、D.カーネギーの「道は開ける」を読んで感動したのが出発点。ただ、その時の友人に話したら「人を自分の思い通りに操っているだけみたい」と言われて封印した。

 ・企業勤めの時、新聞でコーチングの記事を読んだが、惹かれた気持ちは今でも覚えているが、自分につなげようとしなかった。

 ・企業を退職し、何か仕事をしないとな、と思いながら書店をぶらついていたら、コーチングの本が平積みになっていて、天啓を感じて足を踏み入れた。これが40歳のころ。

 ・それまでの人生が無駄だったとはいわないが、もっと早い段階でこちらの道に入れたらと、思うことがある。

 ・その時から次第に人生への立ち方が変わり、「こなす人生」から「これだ、と思いつつ生きる人生」に変わった。

 ・情けない話だが、大学時代も、環境コンサルタント時代も、私よりもはるかに能力が高い人がゴロゴロいる世界。勝てる気がしなくて、その世界にかじりついてでも残ろうという気が起きなかった。

〓〓━━━━━━━━━━━━
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
6月期、7月期 の研修、個人セッション(全1回~)、体験セッション、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。


関連記事

Webページ「思考疲れは“瞑想”でリセット」

 瞑想について、Webページに記事がありました。    『思考疲れは“瞑想”でリセット

記事を読む

カメラはその人の全てを映し出す

Facebookに、 「カメラはその人の全てを映し出す」 ということを書きました。 もとも

記事を読む

声が出るとは限らない

Concert for Lost Voices 009 / jvh33[/caption]

記事を読む

no image

新聞記事「100万人のうつ」

 最近、朝日新聞夕刊1面に新しい特集コラムが連載され、興味深く読んでいます。    『人脈記 100

記事を読む

没頭できる音環境をつくる

 朝日新聞の文化面に津村記久子さんの文章がありました。    『環境音の暗示     朝

記事を読む

言葉を覚えて・・・

> 人は、ことばを覚えて、幸福を失う。 > そして、覚えたことばと > おなじだけの悲しみを知る

記事を読む

脳を再起動するツボ

脳を再起動するツボ 目を使う→血を消耗する→もの忘れそんな時は脳の再起動ボタンを押します!再起

記事を読む

「賢い人ってどういう人?」

自閉症の息子と宿題をしていたら、「僕はがんばって賢くなる。」と盛んに言うので、「賢い人ってどういう人

記事を読む

「ただある人に一杯のお茶を淹れる」

> 誰かが私に一杯のお茶をくださったなんて、これが生まれてはじめてです > ある病院の患者  (

記事を読む

no image

体操部の練習で、鉄棒から落ちたら?

 前の職場の先輩(男性)の話です。  大学時代、体操部でした。当時、外で鉄棒の練習をすることもあった

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑