*

後者は「物わかりが悪い奴」ではありません

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 et cetera-前者・後者, et cetera

ある「後者」の一片の思考パターンのお話。

僕は・・・・もう、「僕は」とバラした上で書きます。

コーチングだけではなくすべてのことで、

  「その話は、話としてはわかる。
   でも、なぜそれが今ここの話題になり、
   そのような結論になり、
   僕がそれを引き受けなければならないか、わからない」

ということがよくあります。
「わかる」「わからない」とは、

  「論理的に理解して、
   あなたの言いたいであろうこともわかるけれども、
   今その結論を即座に受け入れることはできない」

ということを意味します。

騙そうとか、ハメようとかする相手にはこれでもいいのでしょうが、
プロジェクト内でこれを言うと、

  『面倒臭い奴』
  『ケチをつける奴』
  『理解が遅い奴』

という評価をされがちです。

そうなんです。
「前者」もしくは
「その能力が高い/努力して能力を身につけた/スイッチをオンにしている後者」
と、
「スイッチ・オフの後者」が

  「結論を目の前に置いた議論」
  (「結論」は、「ある程度の結論」「仮説」も含む)

をすると、こうなりがちです。

「効率化」「みんな忙しいから」という理由で、
「微調整しかできない結論」を提示されることがあります。

そうなると、
「その場にいたという証拠のためだけに、ここに座らされているのか?」

と思うのです。

前者は、
『わずかの情報だけで世界がわかって、
 自分がそれに対してできること、できないことの区別がつき、
 自分がやってはいけないことを瞬時に判断し、
 最大限の貢献をする。』

ができます。

まさに「効率化」「みんな忙しいから、その場で出来ることをする」が実現します。

でも後者は、
『意図を理解し、
 背景を理解するための情報を収集し、
 その状況にドボンと飛び込む必要があり、
 与えられていない情報のことは全く想像もつかないので、
 少し状況が変わった話になると、全くわからなくなる』

後者は手間がかかります。

けれど、一旦その視点を手に入れ、その視座に立てば、五感すべてを使ってその当事者にしか知りえないこと、行動すべきこと、危険、落とし穴などを感知できます。

だから「後者」にとっては、
「正しい」ことは当然として、
正しいかどうかよりも、その視座を手に入れるための情報が必要なのです。
その中で、前者からの提案に対して共感できることも必要ですし、
時間、
その結論に達するまでの紆余曲折話も必要なのです。

これらを与えられないと「後者」は、

   『雑用をさせられようとしているだけだ』

と思っちゃうのです。

「面倒」と思っちゃいけません。
「同意を得る」とはそれを面倒くさがらずにすることです。

余談ですが、
このようなことがあるので、
コーチングでコーチをしていても、
前者が考える以上に情報を欲しがったり、
「共感」したりするのです。
(そして、それは「承認ではない」と言われたりもするのです)

(続く)

↓の「後者の若狭 喜弘が主催する「前者・後者を判定する会」」は、
 「私(若狭)が知識を教える会」ではなく、
 参加者同士で共通点と違いを見つけ、自分で納得するための会となります。

==後者の若狭 喜弘が主催する「前者・後者を判定する会」==
日時:2016年4月30日(土) 13:15~16:45
   その後懇親会予定
場所JR南草津駅前 フェリエ草津5階会議室
定員:10名

メールフォーム

「前者・後者の特徴と判別法」一覧

former-and-latter


関連記事

方向と力加減を考えて時間に任せる

> 時間というのは、自分の力ではない何かだと私は思う。 > 高山なおみ  (折々のことば 選・鷲

記事を読む

本当に食べたいものは・・・・

> 家庭の味はこれというのがありません。それがいちばん難しいですね。 > ホスピスの調理師  (

記事を読む

受けた《借り》を伝えていく

> いま私たちに必要なのは……《借り》を伝えていくことである。 > ナタリー・サルトゥー=ラジュ

記事を読む

「スーパー後者」に押し出されて「後者」は、「前者もどき」に変身する

普段なら懇親会の幹事をする人が出てくるのに、 今回はそんな気づかいをする人が全く出てこずに 水野

記事を読む

あの世で舞う1曲

>能は舞い尽くさず、あの世で舞う1曲を残す > 金剛永謹(こんごうひさのり)  (折々のことば 

記事を読む

経験値を上げる

> 涙もろくなった人が、「年取ったからかなあ」とよく言うけれど、「経験値が上がったからかな」って言う

記事を読む

一線を越える

> 作家といえども、大半は普通の人です。そんな彼らがある日どこかで一線を越えた結果として、作品が生ま

記事を読む

愛があるなら、すぐ忘れられる存在になること、自分がやりたいことをすること

そこそこ前に上司が急死しまして、ここ暫くは残った仕事の引き継ぎや片付けをやっているのですが、解ったこ

記事を読む

才能はわかりやすい?

ロクの世界(予告編) ~~~~~~~ 真の才能は「狂気に満ちた集中」から生まれるIT

記事を読む

no image

新聞記事「100万人のうつ」

 最近、朝日新聞夕刊1面に新しい特集コラムが連載され、興味深く読んでいます。    『人脈記 100

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑