*

クラウドにある情報と「前者・後者」

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 et cetera-前者・後者

クラウドガール:最終回 金原ひとみ

連載されていた新聞小説「クラウドガール」を
「前者・後者論」の前者と後者を書いた小説と思って読んでいた。

できごとすべては「クラウド」に保管されているようなもので、
事実としていろいろなことがいろいろな因果関係や突発的なことで起こっている。

それを人は好きに拾い出し、好きに加工して理解している。
さらに、
「前者」は因果関係やつながりなどから、感情も引きずりつつ総合的に判断し、
「後者」は過去も未来も別物なので、「今の自分」で必要なものを選択する。

ということのようだ。
言葉は理解できるが、お互いの考え方のステップは理解できない。
コーチング、コミュニケーションの時、
相手のあり方を「未熟なもの」として温かい目で見守ろうとするのは間違い。
おそらく「前者」は理屈が通っているから「正しい」のだろうけれど、
「そぎ落とした大事な部分」があって、
「そういうことにしておいたら無難だ」という正しさ
を押し付けようとしているように見えるのだろう。

~~~~~~~~~
最終回はかなり変則的な掲載になって、文章量としては1週間分程度。
新聞社から企みの相談を受けてこのような形になったのだろうけれど、
金原さんが倍くらいの文章量の原稿を渡して、
「さあ、どうする?」
っていたずらしていたとしたらと想像すると面白い。


関連記事

いまさら「前者・後者」勉強会(07/16/2016)報告

いまさらだけれど、 「前者・後者」勉強会(07/16/2016) のお話。 ~~~~~~~

記事を読む

「自分が持っている才能をどのように生かすか」への質問と回答

Facebookに先に書いた記事 自分が持っている才能をどのように生かすかhttp://oml

記事を読む

「一般ビト・スーツ」を着ていない「前者」ってどんな人なんだろう?

「前者・後者論」の話。 「前者・後者論」は、 自分を理解し、 相手を理解し、 自分の取扱説明

記事を読む

「前者・後者論」の全体像

「前者・後者論」の話です。 いろいろ探求されていて、まとめられつつあります。 以下、紹介。

記事を読む

「娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。」

> 娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。 > 金子光晴

記事を読む

自分が持っている才能をどのように生かすか

Facebookに「後者の会」というグループがあります。 心屋さんが言い出しっぺの「前者・後者論」

記事を読む

ことばを使っている人は泥んこになれない?

> 詩でも小説でもコピーでも、言葉を使っている人は、どこかのところで泥んこになれない気がします。

記事を読む

後者は「物わかりが悪い奴」ではありません

ある「後者」の一片の思考パターンのお話。 僕は・・・・もう、「僕は」とバラした上で書きます。

記事を読む

後者が「コーチングの乱取り稽古」をしても上手くいかないことが多いよね

コーチングのセミナーや勉強会で、 コーチングを学び始めた人と、コーチング練習をすることがあります。

記事を読む

想像がつく人生、想像がつかない人生

「平均」なんてないんだよね。 http://ameblo.jp/mukae-443/entry-12

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑