*

趣味とか癖とか生き方とか性癖とか、理解する?ただ受けいれる?

公開日: : et cetera

Twitterより
同性愛とか性的マイノリティ差別の話になると「理解を」ということになりがちだけど、どちらかというと「理解できないことへの寛容さを身に着けよう」のほうがいいんじゃないかな。世の中の数多の性癖を全部理解なんてできないでしょう。
(カナシロ)
https://twitter.com/canashiro/status/468957879224246272

「理解」と「受け入れる(寛容さ)」の違い。

他人の性癖を理解できるとは思えないし、
特定以外の誰かに理解してもらうものでも、許可を得るものでもない。

人は、理解したいのかなあ?

~~~~~~~

いろいろ考えることがある。

・他人のことを理解できるものなのか?

・ジャッジじゃなく、理解できるのか?

・ジャッジが無い理解はあり得るのか?

・そもそも理解する必要があるのか?
 (ここでの「理解」は、「許可する」という意味)

・理解と賛同が、世の中ではごっちゃになっている。

・「寛容」と「あるべき」は、ずいぶん違う。軸の方向が違う。

・理解しようとするのは、学術的な症例に合わせて納得し、安心しようとしているだけ?

・見た目の言動が同じでも、内面はずいぶん違うことがあるんじゃないか?

・内面が同じでも、見た目の言動は違うんじゃないか?

・「自分を解放できていない人」は、他人を「理解できない」と切り捨てるんじゃないか?

・これは性癖だけじゃなく、趣味、生き方などあらゆるところに似た例がある。
~~~~~~~

コーチングでコーチに「理解」は必要?

クライアントが課題に対して「理解」は必要?

そもそも、このときの「理解」ってどういうこと?


関連記事

「畏れ」と「恐れ」

> 畏(おそ)れると恐れるとのちがいを若い人は知っていない。 > 遠藤周作  (折々のことば 選

記事を読む

小さい世界しか見えてなかった

> 恥ずかしさとは、表現の稚拙さではなく、これが小説だと思いこんでいる世界の狭さ、せこさに感じるもの

記事を読む

「解散」

かあさんマンガ「解散」 より。 (公開は2週間のため、リンク先が表示されない可能性があります)

記事を読む

「私には言うべきことが何もない」・・・・か?

> I have nothing to say and I am saying it. > ジョン

記事を読む

言葉でない、意思を伝えあう能力を開花させよう

Concert for Lost Voices 009 / jvh33[/caption]

記事を読む

「記憶は物質として保持されているのではなく、関係性として保持されている」

> 記憶は物質として保持されているのではなく、関係性として保持されているのである。  (朝日新聞コ

記事を読む

オチのない話をする人は

> オチのない子育て話をする事を人は「親バカ」と呼ぶんですね。気をつけねば。 > 宮藤官九郎  

記事を読む

空想の先に現実?現実の先に空想?

> 空想は現実の反対側にあるものではなく、空想の延長線上に現実がある。 > 北田博充  (折々の

記事を読む

方向と力加減を考えて時間に任せる

> 時間というのは、自分の力ではない何かだと私は思う。 > 高山なおみ  (折々のことば 選・鷲

記事を読む

Merry Christmas!!

Merry Christmas!! あなたの愛ですべての人に素敵なクリスマスを。 サンタにも

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑