*

「全員が同じスキを持っているという安心感が、彼らを無防備にさせる。」

公開日: : 最終更新日:2017/02/21 et cetera

> 全員が同じスキを持っているという安心感が、彼らを無防備にさせる。
> ナンシー関
 (折々のことば 選・鷲田清一)

かなりドキリとした。
例えば、同じ趣味の集まり、同じ職場、電車通勤時にいつも顔を合わせる面々など。
10代までだったら、学校や部活も。
僕であれば、コーチングを学んできた人たちの集まりも。
Twitterの「リスト」やFacebookのタイムラインも、
同じ思考、嗜好の人が並ぶ。

無防備というか、油断しているよね。
共通する価値観を疑っていないし。

そして、安心して反応する。

一応階層があって、
「リア充」や「教える人」「先輩格」の上流側の人と
「参加しました系の人」「突然な投稿をする人」「悟った風なことをさも分かったかのように書く人」の下流側の人。
「読んでいるだけの人」も下流側の人。この人は、怖くて大縄跳びに入っていけない人のようなものだろう。

このような人が固まって、意見を再生産して、
「世界がこれでできている」
と勘違いしていく。
「正解」
ができる。

それを脇から眺めると、『無防備』。
でも、一人でいるよりも大勢の方が安心だからね。

愛おしさと怖さは、ある。

そういうグループの中心にならなければ、と思う反面、
グループを分析してほかに知らせる人、
寅さんのように、突然やってきて少し乱してまた去っていく人
頑固じゃないけど、その場に染まりきらない人
という性分やポジション取りは、抜けないものだ。


関連記事

「前者・後者」論の出発点(心屋さん)

 最近話題の「前者・後者」論。  事実を整理しつつ、視点を追加したい。  まず、「前者・後者

記事を読む

no image

NORADサンタ2011

Merry Xmas! NORADのサンタ追跡プロジェクト http://www.noradsant

記事を読む

かかわりを毎回閉じていく

> 最後にかわした言葉が心残りだった、ということにならないように > 田部井淳子  (折々のこと

記事を読む

「共感」してても、「共感されている」と思われることは少ない

> 私には他人の痛みというのがどうしてもわからないんです。 > ある工学研究者  (選・鷲田清一

記事を読む

一線を越える

> 作家といえども、大半は普通の人です。そんな彼らがある日どこかで一線を越えた結果として、作品が生ま

記事を読む

泣きわめく

> だったら私は泣きわめく女になる。 > 湯川れい子  (折々のことば 選・鷲田清一) 「

記事を読む

「私には言うべきことが何もない」・・・・か?

> I have nothing to say and I am saying it. > ジョン

記事を読む

その年にならないとわからないこと

> 生きなければわからないことがありました。八十歳を越えてから、やっといまわかったということが、たく

記事を読む

「もうさわってはいけない」という一瞬

> これでもうさわってはいけない、というときってあるんですよね > 内藤礼  (折々のことば 選

記事を読む

「平凡に暮らせよ」

■平凡に暮らせよ (一語一会)政治学者・中島岳志さん インド人革命家ボースから娘への言葉 (朝日新

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑