*

愛について

公開日: : 最終更新日:2014/08/10 et cetera

先日、「Core infinity通信」の最後に追伸のように書いた言葉がありました。
それを、こちらにも書いた方がよさそうです。
短いですけれど、どうぞ。

(から始めましたが、かなり追加しています。)

~~~~~~~~~~~~~~~~

【祖母へのメッセージ】
 いまだに、
 あなたからの

    「お前には “愛” がない」

 の言葉を思い出します。
 その時も、今も、反論をできないけれど。

 おそらく、反論したら、

    「だから、お前には “愛” がない」

 と言われるんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 「愛」を「思考」や「丁寧さ」で測ったり、
 「愛」を「思考」で「正しいもの」を探したりしていると、、『 “正しい” の罠』に陥っちゃうし、
 それは「幸せ」にはつながらないよ。

 「愛がある行動」は、理屈から考えてそれなりのことはできなくもないけれど、
 「愛」は理屈じゃないし、
 「理屈じゃない愛」から湧き出してきた創造力あふれる思いや行動の中にキラッと見えるのが、『愛』なんだよ。

 そんな『愛』を与えるのが、『幸せ』なんだよ。
 人から愛をどれほどたくさん受取っても、『幸せ』を感じても、『幸せ』ではない。
 『愛』を与えた人の特権なんだ。

 ちなみに、『愛』を『物』に替えて差し出したとたんに、『愛』じゃなくなるんだよ。

 そうだ。
 「受け取る愛」っていうものもあったね。
 力を抜いて身体を投げ出して、他人の手に身の安全をゆだねられるのも、「受け取る愛」。
 そんな無垢の目で見ないと、本当の「愛」は見えないかもしれない。

 身を委ねるのは愛だし、支えるのも愛。
 でも、依存するのは愛じゃない。
 もちろん、依存させるのも愛じゃない。

 可能性を100%信じて、荒海に投げ出すのも愛。
 それを信じられないとしたら、「愛」の目で見ていないから見えないんだよ。

 もし、ある特定の人から「愛」を欲しいと思ったら、「自分ができること」をするのではなくて、「相手が欲しいもの」を与えることだよ。
 「相手が欲しいもの」は、自分の価値観や常識、願いたちすべてを脇に置くことでしか、わからないよ。
 「条件付きの愛」は、「愛」じゃないんだ。

 そして、「愛」を欲しい、と思うことは、「愛」ではないんだ。残念ながら。

 自分ができることを最大限してやることが愛ではなく、
 自分ができないと思っていることをやることは、愛かもしれない。
 与えることは愛の場合があるし、
 与えないことが愛の場合の方が多い。

 それは、「我慢させる」ということではない。
 「代わりのもので目先を変えさせる」ということでもない。

 「本当に必要としていることは何か?」それを見つけさせること、
 そして、
 自分が欲しいものを自分で作り出させる、
 それを100%信頼して見守り続けることが、「愛」なんだ。

 今気づいたけれど、「義理を返す」「恩に報いる」が「愛」だと思っていたのかもしれないね。
 それは、かなり形式に引っ張られた、形で判断されるもので、決して「愛」ではない。
 少なくとも、「形式を守る」ことが最善のことだとは思っていないだけなんだ。「愛」の有無とは違うんだよ。

※しばらくは、書き足していきそうです。
 ご興味を持たれた方は、時に覗きに来てください。


関連記事

ことばの「さだまさしセンサー」

Facebookなど他人が書いた文章で、 内容ではなく、 ことばのチョイスに 妙に反応すること

記事を読む

忘れる前に、わあわあとアウトプット

これおもしろい。 僕も似たようなもの。 ただし、   ・忘れたら忘れた

記事を読む

脳を再起動するツボ

脳を再起動するツボ 目を使う→血を消耗する→もの忘れそんな時は脳の再起動ボタンを押します!再起

記事を読む

ただただ横にいる

> 慰めもせず、冗談で元気づけようともせず、泣いていたわけも訊(き)かず、ただただ横に座って居ただけ

記事を読む

no image

人生脚本を調べるワーク

 今日は、人生脚本を調べるワークをしていました。    TA TODAY―最新・交流分析入門    

記事を読む

古くからの友人に「性格面の長所を発表する」ってできますか?

ちょっと変化球を。 ~~~~~~ このような記事を発見した。 『最強の罰ゲームは「自分の長

記事を読む

コミュニケーションが達者な人

リンク先の記事を是非読んでほしい。 爆笑問題・太田、障害者施設殺傷事件の犯人「意思疎通でき

記事を読む

no image

現状を再認識

昨夜の会話    「結局、自分の潜在意識の望むままにしか行動していないし、     自分の強みを活か

記事を読む

自分の力を発揮できる温度は

人間はもろいね。 夏は気温が30度を越えると頭の中が溶けて緩んでくるように働かなくなる

記事を読む

no image

[Webサイト]日本笑いヨガ協会

 このようなサイトがありました。    『日本笑いヨガ協会     http://waraiyoga

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑