*

「前者・後者」探求がさらに進化・深化していることを見て

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 et cetera, et cetera-前者・後者

僕は、以下の向江さんの記事を読んで反省しました。
ガーンと殴られた気分でした。
記事自体は、とても論理的で、普通に読めるお話しです。

後者の言語化
http://ameblo.jp/mukae-443/entry-12154631515.html

わたし的判定手順
http://ameblo.jp/mukae-443/entry-12152979060.html

「前者・後者」について、ここまで真剣に探究されていることを知り、
僕の中に大事なことと、どうでもいいことが混じっていたことに気づいたのでした。

僕は
「前者・後者」の視点の本質さを感じ取り、
それによって、僕を知っている人が僕の文章を読んで、

人が根本的に容易なこと、できないこと、努力してきたことを認め、
それは、自分も、周りの人もそうで、

「自分ができたこと」を一般化して、ほかの人に当てはめてはいけないし、
「ほかの人ができたこと」を一般化して、自分ができないこと、能力が低いことを卑下してはいけない。
「ほかの人ができないこと」を「能力不足」「努力不足」と断定して人間性まで否定してしまわないこと。
「自分ができること」を過大評価しないこと。

これらを改めて認識してもらったら、
普段の生活でも、
普段の仕事でも、
コーチングをするときも、
コーチングを受けるときも、

誰もが幸せになるステップを歩み始められる

と、視点が少しでも豊かに、またはクリアになってもらったらと
「前者・後者」の紹介と、
僕自身が理解したことからの分析をお伝えしてきたのでした。

~~~~~~~

しかし、
言い出しっぺの心屋さん個人に対して
「学術的ではない」「人間性が悪い」と批判的な人からメッセージをもらって、
その人の心の闇、過去の苦しさなどの毒気に当てられてしまいました。

学術的なことは大切ですが、

※「学術的」とは、「仮説―検証」が繰り返され、専門家の間で一定の評価を得ているもの
 この場合、「論理的に正しい」ことは必須ですが、「受け入れない」という研究者も一定数いるものです。
 その「受け入れない」も、さらにその仮説を発展させるため、もしくは別の視点からの発展に必要なので、科学の分野では否定されません。
 さらに、「学術的」には、「人間性」は関係ありません。
 「発見」したことを「学会」に報告しない、とんでもない天才もいますので、
 私たちが、あまりそれにこだわるのは、得策ではありません。
 「最先端の仮説」を議論する人たちにとっては、厳密に検証することが必要なのはもちろんです。

「こうすればうまくいく」「どうもこうらしい」

と仮説を述べるのは、誰がやってもいいことです。
その「仮説」を、「思いついた経緯」や「人間性」や「過去」を省いて、

「その仮説は当てはまるかどうか?」

だけで見なければいけません。

世界の中には、
未だに進化論や地動説を受け入れない人たちがいます。
一方で、水は声を聴き分けるという人たちもいます。
僕には、そういう人たちを相手にするだけの、時間と気持ちの余裕がありません。

そんな人たちと語り合って理解を深めてもらうよりも、
この記事の最初に紹介した向江さんのように、
探求を続けた方が幸せです。

「探求」とは誰か天才一人だけの力によるものではなく、

そのテーマを「おもしろい」と思った人たちが、
右から、左から、上から、下から、外から、内から光を当てて

その姿を明らかにするものです。

~~~~~~~

僕はどうしても、コーチングやカウンセリングの場面でどのように適用するか、という視点で考えてしまいます。

もちろん、「前者・後者」を知って開き直るのではなく、
努力をしたり、
自分が好きなことを追求する
のは当然ですが、

「コーチがクライアントを見る視点」
「クライアントが自分自身を見る視点」

で、「前者・後者」を知っているかどうかで、
アプローチや自分自身へのアクセス速度、実現したいことの達成速度がかなり違ってくると思っています。

「前者・後者」は、
本当は入り口・・・・・自己認識だから、一番最初の部分
なんだけれど、あるストッパーや過去の経験によるブロック、ビリーフのために受け入れられない人にとっては、
もし受け入れられたら、
「その課題自体なくなる」
といったものでもあり、
「入口であり、出口でもあり、そして新しい入り口でもある」
というややこしい話になっています。

ただし、それは、『相手の方が望むなら』
というもので、無理やり押し付けるものではありません。

ともかく、
今僕は、この体系をまとめたいと思っているのです。

コーチングの案内

 個人セッション(全1回~)、体験セッション(有料)、無料オリエンテーションは、
  ・個人セッション
     全1回~、1コマ30分、12,000円+消費税、
     コマ数の上限はありません。
     対面の場合は、+出張料として5,000円+消費税
  ・体験セッション(1回目の最初の30分間分を無料とします)
  ・無料オリエンテーション(すべての質問にお応えします。)
 ご相談、お問合せください。

 ご連絡フォームまたはFAX(020-4663-0649)・・・・24時間受付
 直通電話・・・・平日の11~19時受付(祝祭日を除く)
    ※070-5346-1730:Willcomが、新たに使えます。
     090-6660-6532:Softbankは、着信専用です。
    セッションや研修時はOFFにしています。

 以上のほか、研修のご相談もお受けいたします。
 ご意見などございましたら、お教えください。

 詳しくは、サービス一覧をご覧ください。


関連記事

bfb9370ce880f46f3d00e95001e7cf3e_s

「いい人でいることを手放せない」について

Facebookのコメント欄に書いたことを、転載。 「いい人でいることを手放せない」について

記事を読む

bada10269e273db6a24ddd773253ff77_s

消えないペンで書く理由~履歴のほかに・・・~

最初から完璧な線を描こうとせず、でも消えないペンで描いていくhttp://oml.core-infi

記事を読む

14ea258c40329702cb87747b3e150d2a_s

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改めて思ったのでした。 そ

記事を読む

Flower-June

チャンスは、今か、もう決してこれからないか

> it’s now or never. > ジョン・アーヴィング  (選・鷲田清一) 「

記事を読む

8b4fd7fe1fcec4adf8c432a785c79e29_s

「おばさまはこれからどう生きたいですか?」

> おばさまはこれからどう生きたいですか? (黒木瞳のひみつのHちゃん:144)時にはケセラセラ

記事を読む

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s

立ち止まるのも、すぐに歩き出すのも、一休みするのもあり

> たまたま立ちつくしたところから始め、茫然(ぼうぜん)と立ち止まったところで一休みするというのも、

記事を読む

Flower-October

一線を越える

> 作家といえども、大半は普通の人です。そんな彼らがある日どこかで一線を越えた結果として、作品が生ま

記事を読む

Flower-September

『「キライ」そのあとどうするかを自分で考えなさい』

毎日かあさん「キライ」http://mainichi.jp/articles/20160905/or

記事を読む

844e6f823094c1665f4c9e19bee59ef1_s

forgive,forget,fortake?

ある人が、「forgive(=許す)」の言葉の意味を考察されていました。 最後は、

記事を読む

e855e60f3c687d96c4059cb1ba435527_s

「大学時代、何も考えていませんでした」

Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して

記事を読む

14ea258c40329702cb87747b3e150d2a_s
表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

IMG_20180418_173324
「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

couple
【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

DSCF009233
旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

DSCF009233
2018年1月の月巡り

2018年1月 今月の月巡りをカレンダーに落とすと美しい。

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑