*

世間話の時に脳内で繰り広げられていること

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 et cetera-前者・後者

先日Blogに書いたことに近い話。
~~~~~~~~~
世間話は、「正解」「失敗」がないので、気にしないこと。

それよりも、仕事など「目的のある話」の時の方が大切だし、
悩まなくっていい程度に情報を付け加えてくれるので、
たいがいは大丈夫。

でも、人によっては、
コンテクストが高い、というか
大切なことをぼやかす、というか
必要な情報を言葉にしない
といったことをする。

わからないときにこちらが質問できればいいのだが。
相手が質問されて、きちんと答えてくれたらいいのだが。
相手が質問されて機嫌が悪くならなければいいのだが。
こんなことで、相手がこちらの力量を測ろうとしなければいいのだが。
相手自信が言いたいことがわかっていたらいいのだが。

という経験を重ねるから、言葉が出なくなるんだよな。

~~~~~~~~~
世間話は適当に返しておけばいいし、
プライベートなことをしつこく質問してきたら、「ひ・み・つ」と言っとけばいいし、
仕事などの場合は、
わかりまで聞くしかない。
怒られても、機嫌が悪くなられても。

仕事などの場合は、相手の機嫌を悪くしないことが目的じゃなく、
共通の目的を達成することの方が大切だから、
こちらも勇気を出して、
自分の役目を果たすためにも、
きちんと質問しよう。

その方が、結局いい結果になる。


関連記事

後者が「コーチングの乱取り稽古」をしても上手くいかないことが多いよね

コーチングのセミナーや勉強会で、 コーチングを学び始めた人と、コーチング練習をすることがあります。

記事を読む

「後者」がシャットダウンしているように見えるのは、「一般的な解」を探しているから

「前者・後者論」の全体像は、下記をご覧ください。 心屋仁之助さんの ■【永久保存版・全体概要

記事を読む

マップラバーとマップヘイター

マップラバーとマップヘイター (朝日新聞コラム、福岡伸一の動的平衡  http://digita

記事を読む

前者か、後者か、って、自分への期待値が入っちゃうよね

心屋さん界隈で、もう散々言われてきたことなので、ご存知のことも多いと思うのですが、 でもやはり、

記事を読む

金原ひとみさんの連載小説「クラウドガール」で、「前者・後者」の特徴を知る

金原ひとみさんの連載小説「クラウドガール」http://www.asahi.com/culture/

記事を読む

「娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。」

> 娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。 > 金子光晴

記事を読む

「スーパー後者」に押し出されて「後者」は、「前者もどき」に変身する

普段なら懇親会の幹事をする人が出てくるのに、 今回はそんな気づかいをする人が全く出てこずに 水野

記事を読む

ことばを使っている人は泥んこになれない?

> 詩でも小説でもコピーでも、言葉を使っている人は、どこかのところで泥んこになれない気がします。

記事を読む

「前者・後者の特徴と判別法」一覧(その2)

「前者・後者」について、 判別するための情報や、特徴がいろいろな人によって書かれています。

記事を読む

「本音を汲み取ろうとしてない」と言われたらどうする?

後者の人は辞書を引け!http://www.mizunohiroshi.com/archives/1

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑