*

とにかくその重い荷物を降ろしてみなさい

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 et cetera-前者・後者

> 重い人が悟ったときには、ものすごく軽くなる。
> 高橋睦郎
 (折々のことば 選・鷲田清一)

鷲田さんのコメント欄に
「「重い」とは自分にこだわるということ」
とあるので、

『あまりに自分の考えにこだわりすぎる人が、
 自然の摂理に気づいたとたんに
 ものすごく軽くなる(=自由になる)』

人って変われるんです。
人の性格って変えられるんです。
年齢や経験も関係ない。
今、この瞬間からも変われる。

もっとも、若い時は周りの価値観と整合性をとることに悩み、
悟りを得た瞬間はいいにしても、
ギャップを経験していないと
歩む道上で、自分を客観的に観察することが難しいかもしれないけれど。

「重い人が悟ったときには、ものすごく軽くなる」

この言葉は、限りなく強い応援になる。

~~~~~~~

もっとも、「前者・後者論」からみると、

前者には、「とにかくその重い荷物を降ろしてみなさい」で済む。
後者には、どうしよう?

「安心して過ごせる自分の陣地」を「荷物」と言っちゃうと、受け入れてもらえない。

だとしたら、

「どうせできない自分」
「どうせミスを怒られるダメな自分」

という、
「自分に対するネガティブな思い」、
「社会への攻撃性」
を背負っていると考えてよさそうだ。

これだと確かに、「その荷物を降ろしてみなさい」
で話が通じる。


関連記事

マップラバーとマップヘイター

マップラバーとマップヘイター (朝日新聞コラム、福岡伸一の動的平衡  http://digita

記事を読む

「前者・後者」探求がさらに進化・深化していることを見て

僕は、以下の向江さんの記事を読んで反省しました。 ガーンと殴られた気分でした。 記事自体は、とて

記事を読む

「前者・後者」論の出発点(心屋さん)

 最近話題の「前者・後者」論。  事実を整理しつつ、視点を追加したい。  まず、「前者・後者

記事を読む

後者が「コーチングの乱取り稽古」をしても上手くいかないことが多いよね

コーチングのセミナーや勉強会で、 コーチングを学び始めた人と、コーチング練習をすることがあります。

記事を読む

「娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。」

> 娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。 > 金子光晴

記事を読む

欠けている部分が魅力

> 人間はだれでもひとつふたつ欠けているんですな。その部分が魅力的になるか、ならないかの問題なんです

記事を読む

「一般ビト・スーツ」を着ていない「前者」ってどんな人なんだろう?

「前者・後者論」の話。 「前者・後者論」は、 自分を理解し、 相手を理解し、 自分の取扱説明

記事を読む

「後者」がシャットダウンしているように見えるのは、「一般的な解」を探しているから

「前者・後者論」の全体像は、下記をご覧ください。 心屋仁之助さんの ■【永久保存版・全体概要

記事を読む

「自分が持っている才能をどのように生かすか」への質問と回答

Facebookに先に書いた記事 自分が持っている才能をどのように生かすかhttp://oml

記事を読む

世間話の時に脳内で繰り広げられていること

私のコミュ障具合が酷すぎて脳内図だけでも理解していただきたくこういう図を作りましたが理解されるのだろ

記事を読む

目標は、ワクワクするものでも、楽しいものでもない

宇野昌磨、ファイナル進出へ「まずSPから頑張っていきたい」https:

表現しきりたい!!

自分で自分を振り返って、 「表現しきれていないなあ」 と改

「自己肯定感が低いね」と言われても!

Facebookに、 「友達が、周りから『自己肯定感が低いね』と言わ

【2018年春季】コーチングしよう~コーチングが身につけば、少し生きやすくなる、道が開ける~

【2018年春季】 コーチングしよう ~コーチングが身につけば、 

旧暦の正月(新月)は?

2018年1月の月巡りhttp://oml.core-infinity

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑