*

「邪道」のためのコーチングってのも、いいんじゃない?

公開日: : et cetera

ブログ「仕事のプロのためのコーチング技術」に記事

   『「スポーツと武術」から仕事を考える
    http://pro.core-infinity.jp/2014/08/sports-and-martial-arts/

を書きました。
そうしたら、Facebookで私の琴線に触れるコメントをくださった方がいらっしゃいました。
この場では匿名としますが、興味がある方は私のFacebookのタイムラインをご覧ください。

------------------------
まずは、Facebookに書いた、自分での紹介文から。
~~~~~~
もしかすると
「コーチングを受けることは修行である」
と思っている人のコーチをしたいのかも、と気づきました。

「コーチングを受けること自体が修業」ではなく、
「コーチングで日常の修行を進める」という意味ね。

私は、
「商売で勝者に」「人生の勝者に」というキャッチフレーズでクライアントを募集していません。
強いて言うなら、
『幸せに生きるために、あなたの人生をどのように使いますか?』かな。

「スポーツのように、勝敗が決まる試合のためのコーチング」
って、実はとっても簡単です。コーチングのフォーマットに添ってコーチングすればいいから。
でも、私がやりたいのは、
「修行する人のためのコーチング」
記事中でいう、「武術」のトレーニングする人に対してです。
ただそこには、「目標」は存在しません。
その時点の状況を客観的に把握して、感じる方向性に向かって最善を尽くすだけです。
残念ながら、これはコーチングに含まれないかもしれませんが。

そんなことを考えて読んでいる、新聞小説のお話でした。

~~~~~~
●コメンター:
「道」のコーチングだね。武道・茶道・華道・・・王道・邪道なんてのもあるか・・・

●若狭 喜弘(わかさま):
「邪道」って言葉に、ぐっと引き込まれました。
人にはそれぞれの道があるから、ある人から見たら邪道かもしれないけれど、本人にとっては、何の疑いが起こらない道かもしれません。
「方便」のように、一般から見て普通じゃなくても、まず吉縁を結ぶこと。吉縁を結べればそれもいいですね。

「道」と聞いて思いついたこと。
例えば
「優勝した先に何を体現している人生ですか?」
「今の成功が500年後に持つ意味は?」・・・もちろん、「成功しても、それは自分一代のモノ」という答えもアリ
について対話できるコーチングっていいですね。

コーチングについて理解があまりない方は、「そんな質問されたら困る」と思うでしょうが、そういう人は、答えを教えてくれる研修やセミナーに出てくればいいんじゃないかな?

「道」って、自分の人生をどう遊ぶか、どう膨らますか、生まれたときには思いもしなかったことをどれだけ経験するか、っていうことなんだなあ。

どっちにしても、不足感で生きている人には、意味が理解できないコーチングでしょうね。
(Facebookより引用)
~~~~~~

[余談というか、別のはなし]

冷静に考えて、「スポーツと武術」からここまで来るって、かなりぶっ飛んだ発想力の使い方です。
こういう自分自身って結構好きです。

それと、「自分が言いたいことを言うために、知能を尽くして無理やり捻じ曲げて自分のところに引き込む人」がいます。
見た目は近いかもしれないけれど、私の場合はちょっと違います。
私の場合は、
どんな話題でも、最終的に言っていることは同じになっています。
だからといって、話し始めの話題を根拠だなんて言わないし、もっともらしくも言いません。
「今話しているこのことが大事だと思うから話しているんだ」
と、きわめて自然に思って話しているだけです。
だから、その後、どこに進んでいくか、私も知りません。


関連記事

Flower-September

夏の快適温度

エアコンをつけっぱなしにしてみたら・・・http://views.core-infinity.jp/

記事を読む

Flower-August

嫉妬は、「自分が変われない苛立ち」からきているだけなんだよ

> 人間が抱く嫉妬のなかで最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの。 >

記事を読む

Flower-June

「記憶は物質として保持されているのではなく、関係性として保持されている」

> 記憶は物質として保持されているのではなく、関係性として保持されているのである。  (朝日新聞コ

記事を読む

Flower-December

剣を振らない剣道の大将戦

記事を読む

Flower-September

「言葉には力があります。」

> 言葉には力があります。だからこそ、穏やかに話す人になりましょう。 > 郡美矢  (折々のこと

記事を読む

Flower-August

女を捨て、男を捨てたら何になる?

友人のAmeblo記事がFacebookに流れていたのでコメントを書きました。 ~~~~~~~

記事を読む

Flower-August

心地よい眠りをプレゼントする

> 「たぶん人は人に心地よい眠りをプレゼントする以上のことはできないんだよ」  (春に散る:484

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

没頭できる音環境をつくる

 朝日新聞の文化面に津村記久子さんの文章がありました。    『環境音の暗示     朝

記事を読む

no image

サポートする者として心身を整える

対人援助職 私たちコーチ、カウンセラー、セラピー、コンサルタント、 もちろん国家資格としての医師や臨

記事を読む

Flower-July

忘れる前に、わあわあとアウトプット

これおもしろい。 僕も似たようなもの。 ただし、   ・忘れたら忘れた

記事を読む

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s
かかわりを毎回閉じていく

> 最後にかわした言葉が心残りだった、ということにならないように >

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s
「自分はどういう人生を望むか」

誰にでもチャンスがある、というのは嘘でも幻想でもない。だが、自分はどう

former-and-latter
想像がつく人生、想像がつかない人生

「平均」なんてないんだよね。 http://ameblo.jp/muk

no image
acknowledgement!

acknowledgement! 動画https://www.f

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s
「わかった」と思ったとき、「ホント?」と問う

> 人は、見晴らしがよくなった瞬間をこそ、もっとも恐れるべきなのかもし

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑